黒糖抹茶青汁寒天ジュレとの生活

黒糖抹茶青汁寒天ジュレで青汁生活を始めた理由や使ってみた感想を書くブログです。

このブログはアラサー管理人が黒糖抹茶青汁寒天ジュレを「買ってみた・使ってみた・どうだったか」を記録する目的で開設しました。

main

青汁デビューは黒糖抹茶青汁寒天ジュレではなかった

そもそも私が青汁を飲もうと思ったきっかけは、独身で仕事も忙しい事から、食事は外食や弁当などで済ますことが多いので、野菜不足やぼんやりと健康のために、と青汁を飲み始めました。

飲み始めた頃は何を選んでよいかわからず、近所のドラックストアで売っていた青汁を飲んでみました。その青汁は、当時、価格コムの売れ筋ランキング上位に居て覚えていた事から買ってみたいわゆる有名な青汁でした。

ただ、飲んだ時の青汁特有の臭さや苦味。そしてそれが口の中に残り、何とも言えない不快感がありました。牛乳で割ってみたり豆乳で割ってみたり、飲みかたを工夫してみたのですが、飲みやすくできませんでした。まぁ青汁といえば「まずい。もう一杯(古い?)」という有名なCMがあったくらいだし、そもそも不味い物だから我慢するものだろう。と思っていました。ただ、「青汁ってひとつじゃないわけだし、飲みやすい青汁もあるんじゃないの?」と飲む度に頭をよぎったのは事実です。

青汁。ほんとたくさん出ています。口コミで美味しい!飲みやすい!と書かれていてもイマイチ信用なりません。なぜなら私が挫折した青汁の口コミの中にも飲みやすい。という口コミがあったりしたからです。これが嘘の書き込みとは思いません。味覚は人によって違いますし、私はもともと苦手な野菜が多いため、自分に合う青汁探しはネットだけで調べるのは無理だな・・・と。

ただ、片っ端から買っていくのもお金がかかるし。。。と悩んでいました。

いろいろと探していく中で、黒糖抹茶寒天ジュレと出会いました。

黒糖抹茶青汁ジュレを選んで買った理由

06

青汁は粉末状の粉を水や牛乳や豆乳で割って飲むのが一般的なのですが、この黒糖抹茶青汁ジュレは飲むというより食べるタイプの青汁です。

こんなタイプの青汁を見たことがなかったので、妙にひっかかりました。初めて黒糖青汁抹茶ジュレを知ったとき、「なんだかいろいろ入ってて複雑・・・」「そもそもこれは抹茶とかで飲みやすくした青汁?ジュレ?」と???がたくさん浮かびました。初めてみた商品ですし。

ただ、良さそうだな、と思ったのが

  • 食べるタイプなので水や牛乳でわらずに済む(洗い物が増えない)
  • 会社に持っていける(朝食変わりやランチのサラダかわりに)
  • パッケージを見る限り、かさばらなさそう。冷蔵庫の隅っこにおいといて邪魔にならない
  • 定期購入できるのでいちいち買いに行かなくて良い

という4つです。

ただ、最大の懸念であったまずくないか?は一度食べて見ないと信頼できません。黒糖や抹茶が入っているようだし、だいぶ食べやすくなっていそう。という点を踏まえて一度注文してみました。

届いた黒糖抹茶青汁ジュレを食べてみて

まずくない。むしろ旨い!です。

青汁特有の青臭さみたいなのは全くなくて、ほのかに甘い。これは黒糖の甘さからでしょう。

また、量も丁度よくて、するっと口の中に全部入れて収まる大きさです。これだけでお腹がいっぱいになりませんが、そこそこの満足感があるため、それまで、前夜コンビニで買ったパンを食べていたのですが、今では朝ごはんかわりに黒糖青汁抹茶ジュレを食べています。

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを買ってよかったか?

黒糖抹茶青汁寒天ジュレにたどり着いたきっかけは、それまでに飲んでいた青汁の味がどうしても受け付けなかったからです。その点、黒糖抹茶青汁寒天ジュレはむしろ美味しく、とても満足しています。

また、朝ごはんの置き換えにも成功しているため、ダイエットにもつながっています。